<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

想像力・創造力

d0334575_06345798.jpg
公園のベンチの上に、空き缶に穴を空け、紐を通して作った遊び道具を置いておきました。写真は2回目に作ったもの。初めて作ったものは、息子の友達が欲しいというのであげました。最初、息子の友達に使い方を教えると、缶に乗り、紐を持って歩こうとするも上手くバランスが取れず転んでしまいます。何も言わずに見ていると、今度はコロコロと転がして遊び始めました。息子も一緒に同じことをして遊びます。私が木の枝を使って転がすと、ふたりとも大喜び。そのうち友達の方は、缶の紐を首にかけ、木の枝で缶を太鼓がわりに。息子は、葉っぱや小石を缶の中に入れ、木の枝で掻き混ぜてお料理中。缶と木の枝を使って、ふたりの遊びがどんどん変化して行きます。

想像力・創造力。子供が自然の中で遊んでいるのを見ている時に浮かぶ言葉です。小さい子供たちは、自分たちで遊びを考え、工夫して遊びます。市販の玩具なんて無い方が子供たちの想像力は広がって行きやすいのかもしれません。市販の玩具ではない、缶のような日常生活で見かけるものが、遊び道具に変わる...。どちらかといえば、こういった物の方が、子供たちの想像力を刺激するのかも(見ていると、何もないなら無いでよく遊んでますけどね。本当は、自然だけあればいいのかも?)

[PR]
by natsu2015h | 2016-03-31 00:00 | 子供 | Comments(0)

おいしく、姫踊り子草

d0334575_02420184.jpg
春がやって来たな〜。と肌で感じ始めました。天気の良い昼間には、半袖Tシャツで歩く人も見かけるようになりました。野草もニョキニョキ。春の訪れを知らせる花もいたる所で咲き誇っています。小さいながらも、中々の存在感です。私は愛でるより、食べるなので(笑)、摘んでは炒めたり、ス−プに入れたりと食べまくっております(笑)。写真は、残り野菜をドカリ、野草をドカリ。そして、ザ・手抜きの友であるジェノヴェ−ゼのパスタソ−スを溶きいれて味付けしたもの(野草の原型は留めてませんが、入ってます)

063.gifこの野草、日本語名は姫踊り子草だとか。言い得て妙。名付け親のセンスに脱帽です。ほんと、踊っているみたいですもの。ああ、春が来た〜。な嬉しい気持ちにピッタリな野草です。

食べる時は、基本的には火を通した方が良いそうです。生でも食べれますが、私の本には、サラダに使う時は葉っぱを使うようにとあります。花は飾りに使うと料理が映えるとあるだけ。



[PR]
by natsu2015h | 2016-03-30 02:46 | 野草 | Comments(0)

胡桃の殻

d0334575_18284582.jpg
息子と一緒に拾った胡桃の殻を取っておいて、本棚のところに置いてあります。たま~に思い出しては、色を塗ったり重ねてみたり、並べてみたりで遊びます。遊び方は息子次第。時に、胡桃の入った入れ物に、手を入れ掻き混ぜ、感触と音を楽しんでいることも。胡桃同士が触れ合って出る音は、カラカラカラと軽く耳に心地良し。 カプラという木の板でできた積み木があります。最初はこれが欲しかったのですよね。積み木を崩したときに出る音が耳に心地よいというので。でもこの胡桃の音の心地よさ、感触の良さが気に入り、今はこれで。カプラは機会があったらってことで(ちょっとお高いですしね~)

063.gif胡桃の殻は、洗剤代わりにもなります。4、5個の胡桃の殻を砕いてネットに入れ、もしくは要らなくなった靴下に入れて口を縫い、洗濯機に入れ回すだけ。数回使えます。少し重曹を入れておくと染みが取れやすく、白い衣服にも効果的なのだとか。ほかにも、野菜や果物についている化学薬品を落としたり(水に殻と野菜や果物を入れ、20分ほど浸けておくだけ。残った水は掃除に使用可)、宝飾類を磨くのにも良いそう(殻を入れた水を布に浸み込ませ拭くだけ)。胡桃の木は、石鹸の木とも呼ばれているそうです。

[PR]
by natsu2015h | 2016-03-22 18:32 | 子供 | Comments(0)

春の訪れを知らせる花

d0334575_18135380.jpg
数週間前から目につき始めたこの花(Lamium purpureum)は、春の訪れを知らせる花なのだとか。ここ1、2週間で、増えまくっています。ああ、春近し。ありがたいことに、食べられます!もう少し大きくなってから摘もう、摘もうと思っていたら、3月も後半になってしまいました。私の欲とは裏腹に、これ以上は大きくならない様子。本を見ると、リゾットにするもよし、カクテル?にするもよしなのだそう。今日こそは、摘みますぞ~
[PR]
by natsu2015h | 2016-03-18 18:17 | 野草 | Comments(4)

なんか、変

東電が敗訴したというニュ-スを今更なんですけど見ました。日本にいる友人と話しをして、「こりゃ、おかしなことになってるよね」と。何がおかしいって、どーして米企業のGE(ゼネラル・エレクトリック)や、米政府から小泉政権の時にGEが作った福島原発の欠陥を知らされてたのに知らせなかった小泉元総理の責任は問わないのか?(管直人は言うに及ばずですけどね)と。GEの社員さん、震災が起きた時に現場にいたのですが、すぐに本社から帰国命令が出たんだとか。放ったらかして遁走したわけです。米国なんて、こんなもんなのよね。

詳しいことは、産経新聞の元記者であるジャ-ナリストの高山正之氏が話されてます。これと同じ話しを学者の渡辺昇一氏もしてたけど、どこで見たんだっけなぁ。


こちらでよく福島のことを聞かれるんですよね。でも、こういう真実があっても、国民が知り、国自体がちゃんと対応してくれなきゃ、私が何言っても駄目。日本が悪い。日本製は駄目。そうなっちゃうわけです。引いては、日本人自体の不利益になっちゃうんですよね。マスコミも、ちゃんと報道して欲しいものですが....日本の報道規制って、北朝鮮より酷くないですか~?もう、笑えないレベル。

[PR]
by natsu2015h | 2016-03-15 17:58 | 日々の雑感 | Comments(0)

玉蜀黍の粉と林檎

d0334575_18572984.jpg
お湯を沸かし、モスカ−タ(日本名分からず)を少々すってお湯の中へ。とうもろこしの粉を入れて、トロトロになるまで火にかけ混ぜます。それとは別の鍋に皮を剥き、小さく切った林檎と干し葡萄を少量の水で弱火でかき混ぜながら10分ほど煮ます。味が今ひとつなら、黒砂糖を足してもよし。香りづけにカンネッラ日本名分からず)少々。最後にとうもろこしの粉と混ぜ合わせて出来上がり。食べる時に、ココナッツミルクと蜂蜜をかけました。お八つにも、昼or夜ご飯でも。甘くほんのり、適度に重くて腹持ち良しな一品です。
[PR]
by natsu2015h | 2016-03-14 21:45 | 日々の雑感 | Comments(0)

d0334575_17584321.jpg
雪が降りました。子供たちは大喜びで遊びまわります。なぜか息子だけは、座ってボ-っとしています。気持ち良いのだそう。去年の雪では、簡易ソリで遊んでいたのですが、今年は座ってボ-っと陽を浴びるのが良いんだとか。ふたりで長い間ボーっと座っていました。ただただ、気持ち良い。

雪が降って、春が来て、緑生茂る夏が来て、枯葉舞う秋が来る。四季がある国って本当に幸せだなーと感じます。スイスにも四季はあるのですが、日本のように四季毎というか、四季を感じられる行事は少ない気がします。その上、今年は雪が降らないんじゃないかと言われてたので、ちょっと残念に思っていたところで降った雪でした。 日本は四季と共にある行事って結構ありますよね。桃の節句に端午の節句、お盆や運動会などなど。私が幼稚園のときには、園でこういった行事をしてくれていました。緑の多い場所にあったので、自然から季節も感じ取れ、春になれば桜の木の下でお弁当を食べ、夏は緑になった木の下でラジオ体操に盆踊り、秋には銀杏拾いに運動会、冬には葉が落ちた木々を見上げ、早く春になるといいな、と待ちわびる。とても恵まれた環境にあったことが、今なら分かります。

息子の通う幼稚園も緑が多いところなのですが、季節に沿った行事ごとは皆無。最近では、枯葉が沢山落ちて厄介だと、木の枝を切り落としてしまったり...。もしかしたら、日本人ほど自然と共存してた、共に生きていた民族っていないんじゃないだろか。そんなことを考える最近です。

063.gifそういえば、日本人がしたのは民地。ヨ-ロピアンたちのは民地という言葉を思い出しました。 日本人は木を植え、その国を盛り上げる。だから植。ヨ-ロピアンたちは、現地の女たちに子供を産ませるので生殖の殖。ミャンマーなんか典型ですよね。イギリス人たちは、ミャンマーの貴族階級の女性にイギリス人との子供を産ませ、その子供たちを英国スク-ルに入れたんだとか。見かけはミャンマー人に親しみやすい容姿、でも中身は英国人。バナナとも呼ばれますよね。そして支配する。アウンサン・ス-チ-さんは、バナナの典型。

[PR]
by natsu2015h | 2016-03-13 18:15 | 日々の雑感 | Comments(0)

自作パズル

d0334575_18012929.jpg
まっさらな自作パズルを1ユ-ロで購入。最初は息子と気の向くままに落書きして、いざパズル。難しくて、中々進みません。絵はとっちらかってるし、関連性皆無なので「これかな?」という予測が立たないのです。なので、隣のピ-スに絵がまたがるように気をつけて手直し。今度はやっていて楽しいらしく、何度も繰り返しやっていました。

ちょっとした工夫。これだけで、子供の興味の度合いが変わるんですよね。なぜツマラナイのか?子供を見て、子供に訊いてみると、ああ!となることが多々あります。でもまだまだ言葉でそれが伝えられないことも多い息子です。こういった体験を通して、相手と意思疎通をする大切さや、それによって得られる満足感を味わって、語彙数が増えると...いいなぁ(笑)

[PR]
by natsu2015h | 2016-03-09 18:10 | 子供 | Comments(0)

玄米ス-プ

d0334575_17591922.jpg
息子とともに、風邪を引いてました。私はまだ少~し風邪継続中。突然、何を食べても嘔吐をし始めた息子。おかゆさんもしましたが、すぐに噴水のように吐いてしまいます。そんな時に思い出したのが玄米ス-プ。手持ちの自然療法の本を紐解いて、作り方を今一度確認して作りました。本当に驚いたんですけど、息子の嘔吐がピタリと止まりました。それどころか、吐いては食べを繰り返してお腹が空っぽだったのもあるのか、私が心配するほど食べるも嘔吐なし。凄い!!二日後には治り、幼稚園へ。薬を飲ませる必要もなく治りました。

063.gif玄米ス-プは風邪はもとより、癌などの難病にも良いそうです。病気の方だけでなく、赤ちゃんの離乳食に取り入れるのも大変良いものだとか。手間隙は少し掛かりますが、それだけの効果はありです。



[PR]
by natsu2015h | 2016-03-08 18:04 | 日々の雑感 | Comments(0)