人気ブログランキング |

きれいなはこ

d0334575_00572867.jpg
ねないこだれだの瀬名恵子さんの絵本。何度も読んでとせがまれます。シンプルにして、シュ-ル。ちょっと教訓的。私も子供の頃に読んでいたのを思い出します。なんででしょう、息子もそうですが、小さい頃の私も瀬名さんの絵本って何度も繰り返し読みたくなっていました。ちょっと怖いが良いのかも?
by natsu2015h | 2015-10-30 00:00 | 言葉・本

子攫い

知人のスイス人警察官と立ち話しをしていた時、ふと誰もいない公園で出会った女の子のことを話してみようという気になりました。話してる間、なぜだか真剣に耳を傾ける警察官。私が話し終えると、「その子がどうかは分からないが・・・」と話し始めました。

今月一杯で、ミラノのエキスポが終わります。エキスポ付近で活動?していたジプシーたちが、北上して来ることが予想されていて、盗みなどはもちろんですが、子供を攫って行くことが懸念されているとのこと。「ある女性の話しだが、子供を攫われて八方手を尽くして探して、やっと見つけ出すも、母親は子供を見て、自分の子供だって分からなかった話しもある」。攫われた子供は、髪をザンバラに切られ、まったく印象を異にしていたそうです。

攫われる子供は小さな子。そして、すぐに働ける子。2,3歳位が危ないらしい。攫っても、自分や家族、住んでいる場所を詳細に分かってるわけではないし、まだ小さいのでそのうちに家族のことを忘れてしまいやすいから。攫われた子たちは、ジプシーの家族の一員のように見せかけ、店などで物乞いをさせられたりするとのこと。「以前に検挙したジプシーは、身分証明証を見たら、見かけは自分より老けてるのに、全然若いのに驚いたよ。それでほかの家族も、どうやら本当の家族じゃなかったみたいだし」「子供は攫って来た子ってこと?」に、「かもね」と。

どうやって連れて行くかには、「デパ-トや人の多いところは特に注意だよ。(上記に記した)子供を攫われたお母さんも、買い物をしてる最中に攫われたんだ。優しい声で、お母さんが呼んでるよ。って手を引いて連れて行くからね」。ほかにも、子供を使って子供を連れて行ったり....「公園で会った子がそうかは分からないけど、子供だからって気を許しちゃ駄目だよ。知らない子を家にいれても駄目。バッグも身に付けてなきゃ駄目だよ」

この話しに出てくるジプシーたちは、ミラノを寝床にしているそう。そういえば友人が、久々に訪れたミラノで、広大な空き地が移民やジプシーたちのバラックが立ち並ぶスラムになってて驚いたと話していたのを思い出しました。後に、バラック街のところで、頭を打ちぬかれた死体が転がっていたニュ-スも....移民、難民、ジプシー...欧州の厳しさを垣間見るに、移民や難民に門戸を開くことの怖さを感じます。

by natsu2015h | 2015-10-29 17:45 | 子供

種を蒔きに

d0334575_17020170.jpg
快晴の日、家族で種を蒔くイベントに参加してきました。踊りながら蒔くもよし、空に放り投げるもよし。気づくと、息子は靴を脱ぎ捨て裸足で種を蒔いていました。土や芝生の感触がよほど気持ちよかったのか、この日は一日裸足で過ごした息子です。

種蒔きの後は、オ-ガニック素材で作ったお昼を皆で食べました。それから養蜂を見たり、厩舎で馬を触ったり。木登りする子、林檎の木から落ちた実を食べて「美味しい~」と歓声を上げる子....息子もほかの子たちに混じって遊んでいます。毎日が、こういう風に過ごせたらいいだろうな。裸足で笑いながら駆けずり回っている息子を眺めながら思います。

来年には、私たちが蒔いた種が製品になっていると思うと楽しくなります。そんなことを話しながら帰宅しました。種を蒔き、そこから芽が出て植物ができ、私たちの食べ物になる。こういう当たり前のことを当たり前に知り、感じられること。昔は当たり前に皆が知っていましたが、今は皆がとは行かない環境なのが残念です。

*このイベントは、Biodinamica から生まれました。シュタイナー学校でお馴染みのルドルフ・シュタイナーからの発想です。志を同じくした農家が年に一度、同日に種蒔きのイベントを開催。誰でも参加可。無料。

by natsu2015h | 2015-10-28 00:00 | 日々の雑感

純国産、ぷり~ず

d0334575_00163437.jpg
ず~~っと迷いに迷ってた日本で買ったお茶を捨てました。飲むべきか・・飲まざるべきか..シェ-クスピア調に悩むこと数年。とっくに賞味期限は切れてますけど、日本モノは貴重なので、捨てるか捨てないか悩みに悩んでたわけです。でも捨てました。だって、国産茶葉使用に釣られて購入するも、こっちに戻ってきてよくよく表示を見てみると、使われてるお茶は国産だけど、生姜が中国産。中国・韓国産はその危険性から全力回避をしてる身としては、数年悩もうが、やっぱり無理なわけです。無理っ!

日本に帰った時、ス-パ-へ行って驚いたのが、中韓食品の多さ。ご丁寧にわざわざ韓国産キムチコ-ナ-とか作ってあるところも。あと、寿司パックにも国産に混じって韓国産が。買いたかったけど、怖くて購入できず。韓国産海産物なんて、怖すぎです。米国では、韓国産の海産物回収騒ぎとかあったのに、日本ってどうなってるの?と驚いたことを覚えています。

それにしても、純国産を探すのって難しくなっていませんか?私が捨てたお茶みたく、国産だけで良いのに、中国産とミックスって....私には詐欺としか思えないんですけれど....しかも、表には中国産なんて一言もなく、裏によくみると書いてあるわけで...これって、中国だと売れないの分かってるから、表に出さないんでしょ?
d0334575_00171109.jpg

全力で中国産を避けてるスイス在住の外国人の友人がいます。この間は、玩具を買ったら中国産だったと怒り心頭でした。そして始まる、彼女のいかに中国産が危ないか講義...こんな全力で中韓製品を避ける消費者たちが世界中で増えてるせいか、中韓も手を変え品を変えで表示を変えています。Made in PRC, Made in ROK と。もう、騙す気満々...買う側の情報収集力によって、健康も左右される時代なのかもですね..

by natsu2015h | 2015-10-27 00:27 | 日々の雑感

箱の道

d0334575_18133907.jpg
箱の中に、ワインのコルクやスポンジ、ビ-ル瓶の蓋、束子にビ-玉などを入れて、道が作ってありました。子供たちが靴を脱ぎ捨てて箱の中を歩きます。感触が楽しい箱では離れがたくて「早く進んでよ~」と急かされるも前に進まずで歩みも滞りがち。特にビ-玉の箱がどの子にも人気がありました。箱一杯に入れないのがコツ。少しゴロゴロさせられる余裕があるのがいいようです。これ、家でもできそう。ちょっとしたイベントの時にも活躍してくれそうです。
by natsu2015h | 2015-10-25 00:00 | 子供

誰もいない公園で

小学生の女の子に声を掛けられました。平日のお昼過ぎ、誰もいない公園で。

昨日、両親が離婚して、明日が誕生日だと言います。途中、遠くから彼女の名を呼ぶ女性に返事をすると、「あの人、本当のお母さんじゃないの。本当のお母さんは、森が好きでよく私を森に連れて行ってくれたの。あの人は森が好きじゃないの。だからもう私は森に行けないの。ひとりで森に行っちゃ駄目なんだって」。一緒に公園の中を歩いていると、女の子は屈み込んでクロ-バ-を摘み、「食べてみて」と私にくれました。本当のお母さんが食べられることを教えてくれたんだそう。

「私はね、貧乏なの」と女の子。お金や物を沢山持っているからって必ずしも豊かじゃないよ。あなたの心の中には沢山の宝石があるよ。と言うと、ニッコリと笑ってくれました。そして、明日が誕生日だという女の子にハッピバ-スデ-トゥ-ユ-を歌ってあげると、本当に嬉しそうに笑ってくれました。

ほかにも色々話しをしました。平日のお昼過ぎに公園にひとりでいる小学生....いくつか質問するも、矛盾した答えが返ってきます。恐らく、私に語った大半が嘘なんだろうなと思います。そんな中から、彼女が幸せを感じられない環境にいるんだってことは、想像できました。でも少なくとも、森が大好きなお母さんがクロ-バ-が美味しいと教えてくれたことは、本当のことなんだろな。と

*平日のお昼過ぎに学校に行かず一人でいる女の子....誰かに知らせた方が良いのか迷いましたが、女の子言うところの後妻さんが2度声を掛けてくれてたのと、彼女の話しの中に、海外住まいでバカンスで来ている(嘘?)というのもあったこと、知り合いらしき男の子も後からやって来て、一緒に遊び始めたので、挨拶をしてその場を去りました。

by natsu2015h | 2015-10-24 00:00 | 子供

d0334575_17352689.jpg
日本から麹菌を取り寄せて、イタリア米で麹を作りました。出来た麹を使って甘酒作り。ちょうど熟れに熟れた洋梨があったので、姑直伝の洋梨を更に美味しく食べる方+甘酒で、甘酒洋梨シャ-ベットに。砂糖不使用。洋梨と甘酒の異なった甘さが混じり合い、極上お八つになりました。

イタリア姑の洋梨レシピ// フォ-クでプスリプスリと洋梨を万遍なく刺します。あとはレンジやオ-ブン、蒸し器で温めるだけ。甘さ倍増です(これだけで、簡単お八つ)

↑が出来たら、皮と芯を取り、スプ-ンかフォ-クでざっくり潰して、甘酒を混ぜて冷凍庫へ入れるだけ。

甘酒が嫌いな息子もペロリの一品。私の分まで食べられてしまいました。写真は最後の一皿。息子の昼寝中に、こっそりペロリ(笑)

by natsu2015h | 2015-10-23 17:40 | 日々の雑感

ピクニック

d0334575_18200185.jpg
息子がキノコはズルイピクニックに参加しました。親の同伴不可。折りしも快晴だったので、待っている間は私も森を散策しました。ちょうど一休みに木のベンチでお茶していたら、写真の奥の森から息子の声が!よ~く目を凝らして見ると、人影がチラチラと見え隠れしています。

ピクニックからの帰りに、何したの?と尋ねると、「う~ん、色々。楽しかった!また行く!」。何をしたのか気になるところですが、「楽しかったんなら、お母ちゃんはそれでいいよ」と言うと、ニッコリ笑い返してくれました。

我が家にはテレビがありません。主人がパソコンをしていると、一緒に動画を見る程度です。でも毎日、パソコンしたいと駄々をこねる息子です。大きくなったらパソコンをする時間は増えるでしょうし、テレビゲ-ムなんかに嵌ってしまうかもしれません。でも、今の時期に自然の中で過ごすことの楽しさや大切さを体験し、記憶が体に染み込んでいたら、パソコンやテレビゲ-ムに一時期のめり込む時期があっても、そのうち自制して自然の中へ戻って行ってくれんじゃないか・・・お母ちゃんの願いです。

by natsu2015h | 2015-10-19 18:22 | 子供

手作りの旗

d0334575_16451742.jpg
部屋のインテリアのひとつとして、手作りの旗が飾ってある写真を発見。その中に日本の日の丸が!こちらでは、日の丸や旭日旗ってよく見かけるんですよね~
by natsu2015h | 2015-10-16 16:51 | 日々の雑感

Bpaフリー 

d0334575_18231623.jpg
水筒を購入。息子に持たせるので、軽くて扱い易く、邪魔にならないもので、どうせならBpaフリー。これ、飲み終わったら、くるくるっと丸められますし、リュックの外側にも引っ掛けられるということで決めました。

Bpaフリー、最近こちらでもよく耳にするようになりました。でも知ってる人は知ってる、知らない人は知らないし無関心。そんなところです。あれは駄目、これも駄目なんてことになるとやってられないと思いつつも、こういったことがどうやら体に大きく影響してるらしい。というのは私自身もアトピー持ちで、自身の体験からも感じているので、軽~く面倒臭く思いながらも買い替える時などには、ちょっと気にしてみてはいます。

私は元々ズボラで、食べ物もジャンクフ-ドラブだったんですが、とにかくアトピーがツライ。それでも好き勝手に気にせずできていたのですが、妊娠中、鉄分が足りなくて、このままでは出産が危険!と言われ、飲み薬に注射と医師に言われるがままに飲む打つ(!)するも、それでも鉄分足らず。医師も原因が分からないと首を捻るばかりだったんですよね。それが、あることが切っ掛けで、食べ物について一時期集中的に勉強し、食を変えた途端に鉄分が平均値になりました。医師、びっくり(笑)

あと、大病するも、食や生活環境を見直すことで普通の生活ができるようにまでなった人との出会いなどもあり、少~しですが気にするようになりました。でも元々ズボラのジャンクフ-ド好き。ときどき体に悪いと知りつつもドカ食いしては、アトピーが....

たまに考えるんですよね。便利な世の中で私もその恩恵を受けているけれど、私は本当に豊かな暮らし、人生を生きているのかな、と。だって、体が悲鳴を上げてるし、世の中、癌やアトピーなんて治りにくい病気が蔓延しているし、家族の絆?薄いカルピス味級な絆家族も増え、社会問題云々にストレス....昔、昔は今の時代から見ると不便に見えるけれど、当時を生きてる人たちはそんな不便さなど感じていなかったんじゃないかしらん。閉鎖社会?抑圧されてた?もちろん、100%満足な時代や社会、国なんてないのは分かっているけれど、ト-タルすると、今より昔の人たちの方が、本当の意味で豊かだったんじゃないかな、と

逝きし世の面影』という本があります。昔の日本に旅した外国人たちが残した書簡をまとめたもの。パラリと捲ると、そこには貧しくとも活き活きと生きていた昔の日本人の姿が外国人の目を通してみることができます。フとね、もし私が昔の日本に生きていたら、まず....アトピーには、なってないよな(笑)、なんて。他にも色々、思うとこありです...。もしまだお読みでない方がいらっしゃったら、必読の一冊です。良書。

063.gif 逝きし世の面影を読むと、日本を愛した多くの外国人が、その後の日本の欧米化を残念がったのが分かります。すんばらしい国だったんですよね、日本は。もう偲ぶしかないのかもしれませんが、息子には折ごとに昔の日本の良さを話してあげたいと思っています。

by natsu2015h | 2015-10-15 18:59