人気ブログランキング |

<   2015年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ワインの贈り物

d0334575_18535900.jpg
「パパに!」と鋏でちょきちょき。折角だから、台紙に貼って3D(笑)
by natsu2015h | 2015-09-30 00:00 | 子供

川原で基地づくり

d0334575_18481727.jpg
生憎のお天気でしたが、息子と川へ。川原で、突如として基地づくりを始めたので、ぼんやり眺めていたら、「手伝って!」と応援要請が! よしよしと、葉っぱや枝を拾ってきて、基地に添えてみました。「うんうん、船がここーにゴンゴンって入って来て、グーって行ってボンって行く」と分かったような分からないような説明しながらも、私が手伝ったことに満足気でした。
by natsu2015h | 2015-09-29 00:00 | 子供

チャパティ

d0334575_16365906.jpg
チャパティを作りました。

子供と作るには最適のメニューかも。小麦粉に塩少々。オリ-ブオイルの蓋を手で上手に回しながら空けて、瓶を注意深く傾け、出来れば回しながら少~し注ぐ。粘土の感覚で捏ねてもらいながら、「耳たぶぐらいの柔らかさだよ」と水も自分で調節しながら入れてもらい、玉の形にして暫く置く。「まだぁ?」と待ちきれない息子に《待たせる》のですが、この間に待つと美味しくなるから大切な過程なんだよと、待つことが大切なことだと教えられる機会になります。そして、麺棒で生地を伸ばす作業、焼く作業。

私が子供の頃は、幼稚園に行って、遊んでお手伝いしてで普通に自分の身の回りのことはできるようになっていました。母は特に上に記したようなことを考えてはいなかったと思います。生活や社会自体が子供を訓練する場として機能していたんだと思います。

夏の終わりに、今年から小学生の利発な女の子と2、3日遊びました。好奇心旺盛で可愛らしい女の子です。でも、紙と紙の端を合わしたりと、細かい手の作業をするための基礎ができません。「気を付けなきゃ駄目だよ。ここらの幼稚園は《ただ》遊ばせておくだけだから」と友人は言います。

プレ幼稚園でボランティアとして多くの子供たちや親御さんと接したり、先生たちと話しをしたり、幼稚園見学に行ったりして色々と分かったことのひとつに、私たちが当たり前にできることって、実は全然当たり前ではないんだってこと。訓練して初めて出来るようになる。そして、私が住む地域の学校や社会では、訓練の機能を果たしていない。

こちらに住んで、息子を持ってみて、昔の日本の社会や教育のレベルがいかに高かったのかが分かります....。とはいえ、今いる状況の中でなんとかしなくてはいけないので、色々と試行錯誤です。そんな中、お手伝いや手作業、家のものを活用しての玩具など、モンテッソ-リ教育は参考になりました。でも、参考にさせてもらっといてナンですが、こんなこと、昔の日本では当たり前だったよな?と。当たり前すぎて言葉にしてなかっただけで。でもその当たり前が失われつつある中、言葉にしてあり、それを目にできることはありがたいことですけれど、ちょっと複雑な気持ちにも...なりますよ、ね?

by natsu2015h | 2015-09-28 17:30 | 子供

屍骸

d0334575_18185854.jpg
蜥蜴の屍骸を見つけると、しゃがみこみ、動きません。しばらく待っていると、「蜥蜴、死んでた」と公園へ向かって一輪車を押しながら歩き出しました。

よく通る道に、白骨化した鳥の屍骸があります。通るたび、屍骸を見て手を合わせる息子です。「少しづつ、少しづつ天国へ行くんだから、そっとしといてあげなさい」と私が言ったのを覚えているらしく、「まだ天国行かない少しづつ」と毎回屍骸を見ては報告してくれます。

生き物はみないつかは死ぬ。命は有限であるってことを知るというか考えることは大切だと思うんですよね。だからこそ、人との出会いや毎日、もちろん自分のことも大切にしなきゃって思えるんじゃないかと。生と死は表裏一体。でも、昔はそういったことを自然と知る機会があったけれど、今は意図しないと難しい世の中になっている気がします。色々と便利にはなったけれど、人が生きて行く上で知っておかなければならない根本的なところが、放っておいたら感じる、知ることなく大きくなっちゃうなんてことも。昔は当たり前だった大家族、ご近所付き合い、自然に囲まれた生活・・。子育て、昔より難しくなってるよな。と感じます。

by natsu2015h | 2015-09-25 17:51 | 子供

背中は縞々、お腹は水玉

d0334575_17591393.jpg
色んな虫がいるもんです。これ、お腹側は黒の水玉模様なのです。背中は縞々、お腹は水玉! 

こういう虫の名前ってどうやって探せばいいんでしょうね?最近、草木や虫、自然のことに詳しい人がすご~く羨ましくて、格好良く見えます。天変地異が起こっても、こういう人たちは生き抜けそうな感じ(笑) とりあえず、この虫には息子が命名しました。コドモムシ。小っちゃいからだそう。

by natsu2015h | 2015-09-24 18:08 | 子供

ただ楽しい

d0334575_18310406.jpg
久々に良い天気だったので、湖を歩いていたら・・脱ぎだしました(汗)パパッと脱いで湖に突撃(笑)。仕方ないので放っておいたら、そんなに楽しいんかい?ってぐらい笑いながら走り回っています。シンプルに楽しめるって、子供なら皆持ってる才能なのかも。こういう感覚、大人になってもズ~ッと持ち続けて欲しいな。
by natsu2015h | 2015-09-23 00:00 | 子供

ナンチャッテ生け花

d0334575_18212396.jpg
干しておいたサンブ-コも出来上がり、ほかに集めておいた木の実や野草と、小麦粉で作った粘土を捨てる前に土台として使い、ナンチャッテ生け花をすることに。材料はいろいろ用意したけど、息子はボンと一挿しで終わり。「ほかのも使ってみたら?」に、「これでいい」とご満悦。作った後は、ふたりで両手を拡げて形を体で表現(笑)。「こんな形だったら、もっと面白いかも~」なんて体を動かしながら、楽しく過ごした午後でした。


by natsu2015h | 2015-09-22 00:00 | 子供

名付けは投資

息子の名前を付けるとき、最初はこちらの名前と日本名と互換性のある名を考えていましました。でも、主人と反りの合わない人と同じ名だということで却下(笑)。どうしようかと考えあぐねていたときに、久々に会った友人から、「名付けは大切な投資だからね」と言われ、ハッとしました。妊娠ハイで、DQNなんて言われる名や、夜露死苦のようなボ-ソ-ゾク的な当て字名は付けちゃならぬ、考えてみれば、名前って一生使うし...うむ、どうしよう?

そこで、幸か不幸か日本とヨ-ロッパ、しかも多言語が飛び交う地域に生まれてくる息子には、この過酷とも言える環境の中で、スクっと立って、自分が誰であるかということが自覚できる名前にしようと。イタリア人と日本人のハ-フということになりますが、主人と名は日本名にしようと決めました。日本の美徳を土台として育って欲しいとの願いからです。

結局、こちらの人にも発音しやすく覚えやすく、でも日本が顕れている名前にしました。名前の由来を話すと、「おお~っ」とヨ-ロピアンたちが唸ってくれます(笑)。名前を言うと、「ああ、日本人なのね」と大抵は分かってくれます。幼稚園のあるお母さんが、自分の子供に誰か友達できた?って聞くと、いつも息子の名が出てくるそうです。「言いやすいんだと思うのよね」と。まだほかの子の名は口が回らないんだそう。

以前、語学学校に通っていた頃、同じクラスの中国人がイタリア語名を名乗っていました。先生は、なぜ中国名があるのに、中国名を使わないのか?中国人でしょ?なんでイタリア人の名前を使うのよ!と何度も質問していました。でもこの中国人は頑なに、イタリアの名を名乗り続け、先生は本名である中国人名で呼び掛けていました。そういえば、韓国人も、こちらの名前を使います。もちろん韓国名を持っているのに。中国人と韓国人は名前というものに拘りというものはないようです。この名前だと生きやすいから、使う。そんな感じでしょうか。顔はアジア、名はヨ-ロピアン。ちゃんと自国名を持っているのに、それは使わずヨ-ロピアン名。彼らにとっては、名前というのは大して拘るものではないのかもしれません。

最近では、グロ-バルな時代なんだから、と欧米の名をつける日本人同士のご両親もいると聞きます。国際化、グロ-バルやインタ-ナショナルって何なんでしょうね? 欧米人になること? それとも、中韓人のような名前の使い方も悪くない?(このこと、こちらの人たちとの話題に何度かのぼったことがありますが、私が話しをした人たちは皆さんよく思っていませんでした)。色々と考えてしまいます。

実際にこちらに暮らしてみて、この名付けに関して実感するのは・・グロ-バル社会だ云々だとなるに従って、逆に境界線はどんどん増えて行くように思えます。あなたは一体、どこの誰なのか? 誰かと付き合いを始めるとき、最初に聞くのが名前です。ある信念を持って、外国人名を付けるのは時にアリなんだろうなと思います。でも、グローバル社会だからと日本人同士のご両親がお子さんに安易に欧米人の名を付けるのは、実はグローバルという名の混沌とした世界を生き抜かせて行く上で、プラスになることよりも、マイナスになることの方が多いかもしれません。

名付けは親が子にしてやれる最初の大切な投資。友人の言葉が身に沁みます。

by natsu2015h | 2015-09-21 17:07 | 子供

卵の殻

d0334575_16551385.jpg
卵を使ったら、中をサササっと洗って乾かして取っておきます。たまって来たので、外に出れない雨の日に床に並べて息子に踏んでもらいました。

大喜び

砕ける感覚がなんともいえないようです。砕いた殻は集めて、工作などの遊びに使うとともに、洗濯物の色落ち防止にレモンスライスとともにネットに入れて活用しています。


by natsu2015h | 2015-09-19 00:00 | 日々の雑感

野草の炒め物

d0334575_06354616.jpg
この間の野草で簡単炒めもの。残ってたトマトのパスタソース少々、亜麻の実少々を振り掛けました。

タダでビオでこの美味しさっ!(笑)。ホウレン草、大好きなんですけど、この野草の方が断然美味しいです。ああ、摘める季節が終わってしまうのが悲しい~

by natsu2015h | 2015-09-18 00:00 | 野草