胡桃の殻

d0334575_18284582.jpg
息子と一緒に拾った胡桃の殻を取っておいて、本棚のところに置いてあります。たま~に思い出しては、色を塗ったり重ねてみたり、並べてみたりで遊びます。遊び方は息子次第。時に、胡桃の入った入れ物に、手を入れ掻き混ぜ、感触と音を楽しんでいることも。胡桃同士が触れ合って出る音は、カラカラカラと軽く耳に心地良し。 カプラという木の板でできた積み木があります。最初はこれが欲しかったのですよね。積み木を崩したときに出る音が耳に心地よいというので。でもこの胡桃の音の心地よさ、感触の良さが気に入り、今はこれで。カプラは機会があったらってことで(ちょっとお高いですしね~)

063.gif胡桃の殻は、洗剤代わりにもなります。4、5個の胡桃の殻を砕いてネットに入れ、もしくは要らなくなった靴下に入れて口を縫い、洗濯機に入れ回すだけ。数回使えます。少し重曹を入れておくと染みが取れやすく、白い衣服にも効果的なのだとか。ほかにも、野菜や果物についている化学薬品を落としたり(水に殻と野菜や果物を入れ、20分ほど浸けておくだけ。残った水は掃除に使用可)、宝飾類を磨くのにも良いそう(殻を入れた水を布に浸み込ませ拭くだけ)。胡桃の木は、石鹸の木とも呼ばれているそうです。

[PR]
by natsu2015h | 2016-03-22 18:32 | 子供 | Comments(0)