人気ブログランキング |

人が育つために

友人が預かっていた5歳の男の子が急にキレて、喚きながら走り出しました。私が追いついて「大丈夫だから!大丈夫だから!」と声を掛けつつ落ち着かせようとしても、暴れてどうにもなりません。抱きしめた途端、後ろから友人が「NOOO!」と叫びました。男の子は5歳とは思えない凄まじい力で体を反らせながら抵抗します。すぐに友人が来て、「抱きしめちゃ駄目!」と横抱えに男の子を抱えて去って行きました。

日を置いて友人に会った時、この男の子の話しになりました。この子はADHDで薬を飲まされているのだそう。母親は半ば育児放棄。男の人を追いかけてスイスへ来た移民で、すでに男の人(パパ)は数人変わり、男の子は本当のお父さんを知らないのだとか。お母さんは男の子にいつも飴やスナック菓子などを与え、いくら気を付けなきゃ駄目だといっても無関心。こういった諸々のことが相俟って、症状は良くならないと。そして、他の子の邪魔をするからと、幼稚園からは追い出され、評価を付けられ他の幼稚園に行くも上手く行かずだと...

この男の子、お母さんから抱きしめられたことがないそうです。それで、抱きしめられるとパニックに....息子はこの男の子が好きで、笑顔で追いかけていました。その息子に手を上げる男の子です。「どうして打つの?」に、「だって追いかけてくるから」。「あなたのことが大好きなんだよ。一緒に遊びたいんだよ」と言うと、「分かってるよ。でもどうしていいか分からないんだ...」

「愛情を掛けられないで来てしまったからね。どうしていいか分からなくてパニックになっちゃうのよ」とは友。「これから....良くなる?」に、「今の環境では難しいだろうね」

今年の初め、6歳になったこの男の子に久々に会う機会がありました。見ると、前より少し落ち着いているように見えます。友人は「食を変えたんだよ。医者にも指摘されてね。お母さんにも、『このまま学校を追い出されては変わってを繰り返してても仕方ないでしょ』って私も言ってね。まずは食からだよね」

私が住む地域の公立の学校は、問題行動のある子供を追い出したり、薬を飲ませたりということがあります。最初は信じられませんでしたが、実際にそういった子を目にしたり、教師をしている人から話しを聞いたり...ある知り合いのお父さんからは、元気な息子を見て「あんまり元気だと、薬飲ませられるかもよ」とブラックジョークを言われたことも.... 色々諸々、狂ってるよ。でも子供たちは目の前で成長して行くわけで...どうしたらいいんだろうねぇ....きれいな景色を見ながら、考えてみるんですけどね...この男の子、お母さんが新しい男の人に付いて行くので、一緒に遠くへと引越してしまいました。少しでも、幸せを感じられるようになっていたら...いいんですけどね...

063.gif こんな動画を見つけました。日本の教育事情も中々厳しいようですね。専門家たちの討論を聞きながら思います。でもそんな中、どうにかしようとがんばっている人たちも。動画の22分から、発達障害で成果を上げている幼稚園の例を聴き、障害があろうと、適切な教育(療育)と家族の愛情があれば、ちゃんと育つのであるな、と。あとやっぱり、周囲のサポ-トというか、温かい見守りというか...結局、教育って社会全体の問題なのですよね

by natsu2015h | 2015-11-29 00:50 | 子供