五感を刺激する公園

d0334575_16455845.jpg
山奥の小さな村の若者たちが、五感を刺激する公園を作ったと聞いて行ってきました。

公園と言っても、ブランコや滑り台があるわけではなく、森の中の小道を裸足で歩けるようにしてあるだけ。゛だけ゛というのはちょっと....違うかな。写真のように木で囲った中に松ぼっくりが敷き詰めてあったり、ほかにも泥や木屑が入っていたり。木株の階段に苔の絨毯...。途中には、川も流れていて、川の中を補助なしで歩けない人のために縄で簡単な手すりがついていたり。自然を壊さず、邪魔をせず、子供たちが裸足で歩いても怪我をしないように配慮してありました。息子は川の平たい大き目の石の上を拠点に、森の中と川を行ったり来たりして遊んでいました。疲れたら、石の上でおやつ食べて、少し横になる。それからまた森の中へ。

私たちが訪れたのは7月。開園したばかりで、期間限定で無料で入れたようです。おそらく、小さな村の町おこし?若者たちの働き口を模索しての公園なのかもしれません。でもこういった土地柄を活かした形でそこの若者たちの収入になるのなら良いことです。

[PR]
by natsu2015h | 2015-09-16 00:00 | 子供 | Comments(0)